返済の負担を抑える

早くに最短で即日借りることもできる便利なプロミスのキャッシングも、借りるならしっかりと返済を考えるようにしなければなりません。毎月の返済負担や最終的な支払い総額など、しっかりと返済の計画を立てて借りないとせっかくのプロミスの便利なキャッシングも台無しになってしまいます。

 

プロミスは消費者金融であるために金利は決して低くはなく、多くを借りれば返済の負担が大きくなります。総量規制の関係で収入に対しての大きな金額を借りるのは難しくなっていますが、それでも契約上の限度額上限まで借りれば返済の負担は大きくなります。

 

毎月の返済金額は借り入れの残高によって決められるプロミスでは、借りる金額を少なくしておけば月々の返済額も少なくなります。5万円や10万円の利用に留めれば毎月の返済は数千円ずつで可能なため、無理なく返せるようにはなっています。

 

ただ、毎月の返済金額は少なく金利が高い借り入れとなると、最終的な支払い総額は膨れ上がります。利息が多くかかってしまうためで、どうしても負担が大きくなってしまうのです。

 

月々の返済を抑えつつ最終的な支払い総額を抑えたいとなると金利の低い借り入れを利用するしかなく、プロミスで契約中に金利を引き下げるのは難しいため、低金利のカードローンへの借り換えを考える必要があります。

 

限度額によりますが低金利で借りられる可能性があるオリックス銀行のカードローンならプロミスよりも返済負担が軽くなるとされているため、返済負担を抑えて借りたいならオリックス銀行カードローンへの借り換えを考えてみると良いでしょう。

 

銀行のカードローンでありながら申し込みも契約も来店不要で行えるようになっているので、手間をかけずに借り換えまで進められるのも利点です。